日本軽金属ホールディングス株式会社

重要課題の選定に向けて

一昨年来、持続可能な社会の実現に向けて重要課題の選定を進めています。「2019~2021年度中期経営計画」の中では、その探索過程で得られた「安全」「品質」「環境」の3つの要素を重要課題の仮説としました。これらは日軽金グループの経営方針から導き出したものです。「アルミのことなら日軽金」を支えるエッセンスを経営方針の中から抽出しました。すなわち、私たちがこれまで大切にしてきたことであり、社会の中でお役に立てていることです。それらを「経済的価値」と「社会的価値」で仕分けし、経済的価値と社会的価値がともに高い区画にある方針などをグルーピングしたところ、「安全」、「品質」、「環境」の3つが導き出されました。それぞれの要素は機会とリスクの両側面があります。例えば、「安全」には、労働災害のリスク、製品・サービスの欠陥が発生するリスク、サプライチェーンが寸断するリスクなどがあり、半面、安全な 街づくりやより安全・安心な食品・医療商品・サービス需要の高まりなどの機会があります。「品質」は、商品・サービスの品質とそれを支える品質保証システムです。それらが上手く機能すれば日軽金ブランドは高まりますが、品質偽装などの問題が発生すれば大きなリスクとなります。「環境」には、事業活動による環境汚染、高負荷を与えるリスクがありますが、半面、環境負荷を軽減したり、改善したりできる商品・サービスは機会になります。

2019年度は、これらの3要素を基礎とし、現在および将来の課題や、将来生み出す企業価値にとって大切なことを念頭に検討を重ねました。気候変動リスク・機会へどう適応・対応するのか、SDGsが目指す持続可能な社会の実現へ日軽金グループとして何が貢献できるのか、より具体的な商品・サービス、事業、取組みを探索しています。

日軽金HD中期経営計画より

 

重要課題_経営方針のエッセンス
重要課題リスク側面
重要課題機会側面

その結果、6つの重要課題が浮かび上がりました。

重要課題_案

CSRの取り組み