日本軽金属ホールディングス株式会社

データ編

 集計範囲201720182019単位
環 境

温室効果ガス排出量(スコープ1、スコープ2)※1

 連結
(国内のみ)※2
  804  748  ★606  千㌧-CO2
  連結
(海外のみ)※3
  125  137  125  千㌧-CO2
温室効果ガス排出量売上高原単位※1 連結
(国内のみ)
  2.09  1.87  1.60  ㌧-CO2/百万円
スコープ3排出量の内訳※4カテゴリ1 購入した製品・サービス※5連結  1,926  1,947  ★1,690  千㌧-CO2
 カテゴリ2 資本財連結  22  35  42  千㌧-CO2
 カテゴリ3  カテゴリ1、2に含まれない燃料およびエネルギー連結  28  34  34  千㌧-CO2
 カテゴリ4 輸送、配送上流※6連結  千㌧-CO2
 カテゴリ5 事業から出る廃棄物連結  千㌧-CO2
 カテゴリ6 出張連結  千㌧-CO2
 カテゴリ7 雇用者の通勤連結  千㌧-CO2
エネルギー使用量電力連結  10.8  10.4  8.1  PJ
 燃料連結  6.3  6.2  6.0  PJ
エネルギー使用量売上高原単位 連結  35.5  33.2  30.3  GJ/百万円
使用原材料の重量 連結  576  601  523  千㌧
SOx排出量 連結  473  379  365 
NOx排出量 連結  520  560  449 
総取水量※7 連結  23.5  23.9  22.6  百万m3
売上高あたりの水資源投入量 連結
(国内)
  48.7  47.7  48.5  m3/百万円
総排水量※8 連結  21.5  22.5  21.3  百万m3
水消費量※9 連結  -  -  1.3  百万m3
COD排出量 連結  97  105  106 
廃棄物および副生成物の排出量と処理再利用・減量分連結  37.3  48.4  48.4  千㌧
 最終処分(埋立)連結  3.5  3.5  3.4  千㌧
環境会計環境保全コスト
投資額
連結
(国内のみ)
  1,983  2,218  1,580  百万円
 環境保全コスト
費用額
連結
(国内のみ)
  5,598  6,210  6,248  百万円
 環境保全活動に伴う経済効果 収益連結
(国内のみ)
  486  554  370  百万円
 環境保全活動に伴う経済効果 費用増減※10※11連結
(国内)のみ
  -1,440  -982  1,027  百万円
環境に関わる訴訟・罰金・科料の件数 連結 
環境に関わる事故
件数※12
 連結 
環境に関わる苦情
件数※13
 連結  10  16  10 
従業員など
役員数常勤役員連結男性 190  208  216 
  連結女性
従業員数※14 従業員(管理職)連結男性 1,540  1,640  1,666 
  連結女性 90  95  96 
 従業員(一般社員)連結男性 8,992  9,087  9,345 
  連結女性 2,233  2,494  2,504 
 従業員連結合計 12,855  13,316  13,611 
国・地域別従業員数日本連結男性 8,058  8,399  8,568 
  連結女性 1,198  1,271  1,323 
 アジア連結男性 2,243  2,282  2,221 
  連結女性 1,089  1,095  1,239 
 米国・欧州連結男性 231  229  222 
  連結女性 36  40  38 
年代別従業員数※1515歳未満連結男性 - 
  連結女性 - 
 15歳から20歳未満連結男性 -  108  108 
  連結女性 -  15  21 
 20歳から30歳未満連結男性 -  2,153  2,124 
  連結女性 -  559  600 
 30歳から40歳未満連結男性 -  3,150  3,164 
  連結女性 -  833  894 
 40歳から50歳未満連結男性 -  2,878  2,919 
  連結女性 -  671  741 
 50歳から60歳未満連結男性 -  1,975  2,010 
  連結女性 -  276  284 
 60歳以上連結男性 -  646  686 
  連結女性 -  52  60 
新規雇用者数※15総数連結
(国内のみ)
  596  692  617 
 従業員に対する比率連結
(国内のみ)
  7.1  7.8  6.2 
新卒採用人数※15 連結
(国内のみ)
  197  211  210 
離職者数※15総数連結
(国内のみ)
  401  490  490 
 従業員に対する比率連結
(国内のみ)
  3.5  5.6  5.0 
入社3年後の定着率※16 連結
(国内のみ)
  88.4   83.8 89.1 
定年退職後の再雇用者数 単体
(日本軽金属㈱)
  12 
組合加入率 単体
(日本軽金属㈱)
  100   100 100 
平均年齢 連結男性 39.1   39.9 36.9 
  連結女性 36.9   37.4 35.3 
平均勤続年数 連結男性 11.5   11.8 11.1 
  連結女性 7.7   8.0 7.2 
平均年間労働時間 連結
(国内のみ)
男性 2,146   2,157 2,226  時間/人
  連結
(国内のみ)
女性 1,974   1,871 1,922  時間/人
平均年間時間外労働時間 連結
(国内のみ)
男性 324   302 334  時間/人
  連結
(国内のみ)
女性 161   150 175  時間/人
平均年休取得日数 連結男性 9.9   9.9 10.3 
  連結女性 9.7   9.6 9.1 
平均年休取得率 連結男性 52.5   57.8 63.9 
  連結女性 71.6  73.4 74.3 
育児休業新規取得者数 連結
(国内のみ)
男性 12 
  連結
(国内のみ)
女性 55  66  52 
介護休業新規取得者数 連結
(国内のみ)
男性
  連結
(国内のみ)
女性  2
短時間勤務制度利用者数 連結
(国内のみ)
男性  1
  連結
(国内のみ)
女性 61   66 83 
メンタルヘルス不調を事由とする休職者数 連結
(国内のみ)
男性 34  59 51 
  連結
(国内のみ)
女性  9
平均年間教育・研修費用 連結  29.2  24.9  23.4  千円/人
障がい者雇用率※17 単体
(日本軽金属㈱)
  2.59  2.63  2.57 
  単体
(東洋アルミニウム㈱)
  2.03   1.93 2.58 
安全
労働災害件数※18※19休業災害連結
(国内のみ)
  12  23  19 
  連結
(海外のみ)
  16  16 
 不休業災害連結
(国内のみ)
  66  64  56 
  連結
(海外)のみ
 
休業災害度数率※18※20 連結  0.56  1.05  0.91   
  単体(日本軽金属㈱)  0.27  0.54  0.27   
コンプライアンス
日軽ホットラインへの通報件数 連結  15  28  29 
コンプライアンスミーティング開催数連結  2,102  2,066  2,156 
 参加者数連結  20,237  20,972  21,404  延べ人数
特許公開件数※18 連結  182  167  160 
特許登録件数※18 連結  107  92  81 
品質保証
製品・サービスの提供における法令違反件数 連結 
品質速報件数 連結 
リコール件数 連結 
コミュニティ
社会貢献に関わる支出額 連結  133  168  179  百万円
ガバナンス
1株あたりの中間および期末配当金 連結 
取締役の人数※21 単体(日軽金HD)  12  13  14 
 うち社外取締役の人数単体(日軽金HD) 
 うち独立役員の人数単体(日軽金HD) 
取締役会の出席率 単体(日軽金HD)  100  99.4  97.6 
取締役の報酬総額 単体(日軽金HD)  149  155  160  百万円
監査役の人数※21  単体(日軽金HD)   
 うち社外監査役の人数  単体(日軽金HD)   
  うち独立役員の人数 単体(日軽金HD)   
監査役の報酬総額 単体(日軽金HD)  52  52  56  百万円 

 

★:記載情報の信頼性を保証するために、KPMGあずさサステナビリティ㈱による第三者保証を実施しています。

※1. 2018年度より主要オフィスの温室効果ガス排出量を集計しています。
※2. 算出には、次のCO2排出係数を使用しています。
   国内電力:電気事業低炭素社会協議会公表の前年度使用端CO2排出係数
   国内燃料:環境省令の各燃料の単位当たりのCO2排出係数
※3. 算出には、次のCO2排出係数を使用しています。
   海外電力:IEA「CO2FCOMB 2017」の各国別CO₂排出係数
   海外燃料:※2の国内燃料と同じ
※4. 環境省・経済産業省が公表している排出原単位を乗じて排出量を算定しています。
※5. カテゴリ1はグループ外からの購入量を基準とした上位3品目を対象としています。
   このうちのアルミ地金の購入量は、日本軽金属㈱グループ・メタルセンターの調達分を対象としています。
※6. カテゴリ4の算定基準を見直し、2017、2018年度の数値を修正しました。
※7. 海水の取水量は除いています。
※8. 排水量の算定基準を見直し、2017、2018年度の数値を修正しました。
※9. 2019年度より集計しています。
※10. 費用増減は次の計算方式で算定しています。(費用増減=基準期間(2018年度)の費用-当年度(2019年度)の費用)
※11. -(マイナス)は費用の増加を表します。
※12. 影響が外部におよぶ環境トラブル(油・薬剤の漏えいなど)
※13. 外部よりの申し立てがあった件数(臭い、騒音など)
※14. 嘱託(常勤)社員を含みます。
※15. 2018年度より連結の数値を報告しています。
※16. 入社から3年後の4月1日の在籍者の割合
※17. 対象期間は、各年度末の直後の6月1日時点です。また、法定雇用率は2.2%(2018年3月31日以前は2.0%)です。
※18. 対象期間は、暦年(1月~12月)です。
※19. 2017年の休業災害(連結(海外のみ))および不休業災害(連結(国内のみ))の集計に誤りがあり、修正しました。
※20. 休業1日以上の災害を対象としています。(通勤途上災害除く)
※21. 当該年度末日時点の人数

CSRの取り組み