日本軽金属ホールディングス株式会社

人権に関する取組み

サプライチェーンにおける人権デューデリジェンス

日軽金グループでは、サプライヤーとの人権方針の共有、CSR調達方針の共有を目的として、毎年、国内外のサプライヤーを訪問し、人権方針を含むCSR調達方針にご理解をいただき、実態を確認させていただいています。
(➡CSR調達
(2020年10月 更新)

 

紛争鉱物問題への対応について

日軽金グループは、コンゴ民主共和国やその周辺諸国で採掘されるスズ、タンタル、タングステン、金の4鉱物(3TG)およびそれらを使用した製品を使用しません。

 この方針を徹底するため、お取引先のご協力のもと、調達材料、製品に含まれる3TGの原産国を確認し、必要に応じて開示します。
(2020年10月 更新)

 

グローバル研修

日軽金グループは、世界の社会的課題を理解し、活躍できる人財育成のため、さまざまなプログラムを準備しています。例えば、他社交流や海外研修などを通じて世界のビジネス・スタンダードを学ぶマネジメント研修(延べ156人参加)や、海外に長期滞在するなどして実践を通じて国際感覚を身に付けるグローバル研修(延べ28人参加)などがあります。海外派遣が決定すると、より高度な国際感覚と知見を身に付けるため、語学、重要な国際法令、派遣国の法令・税制、資金管理、情報管理などの実践的な研修が行われます。
(2020年10月 更新)

 

異文化研修

日軽金グループでは、海外での事業活動で必要となるグローバルマインドやコミュニケーションの習得を目指した異文化研修を実施しています。この研修では、従業員が将来にわたってグローバルな環境で活躍するための能力開発を行っています。
(2020年10月 更新)

異文化研修の様子

研修の様子

CSRの取り組み