日本軽金属ホールディングス株式会社

内部統制

内部統制の目的と日軽金グループの取組み

日軽金グループは、「内部統制システム整備の基本方針」を定め、それに基づいて内部統制の4つの目的を達成するために取組みを行っています。

①業務の有効性・効率性

中期経営計画、年度予算を目標値として策定し、それに基づく業績管理を行っています。また、内部監査体制を整備し、事業活動の有効性および妥当性について監査を行い、改善事項を指摘しています。

②財務報告の信頼性

財務報告に係る内部統制規則を定め、内部統制の整備と運用を行っています。

また、整備状況および運用状況の評価と必要に応じた是正処置を行い、財務報告の信頼性および適正性を確保しています。

③法令等の遵守

「グループ・コンプライアンスコード」を定め、役員および従業員がこの行動規範に準じた行動をするようにしています。また、重要事項の審議のため「コンプライアンス委員会」(委員長:日軽金HD社長)を設置・開催しています。グループ各社・部門には、コンプライアンスリーダーを任命し、コンプライアンスの推進を図っています。

④資産の保全

「グループ・リスク管理規則」を定め、日軽金グループにおける事業の特性上、重要度の高いリスクを特定し、リスク毎に主管部門を定めてリスク低減に取り組んでいます。

 日軽金グループの内部統制の枠組みは、会社法に準じて日軽金HD取締役会が決定した「内部統制システム整備の基本方針」に基づいて、整備・運用されています。加えて、事業環境や経営体制の変化などに対し、これらの取組みを確実にするため、適切な事業単位ごとに内部統制責任者とそれをサポートする内部統制推進者を任命しています。
 また、これらの内部統制整備・運用の状況は、半期ごとに日軽金HD取締役会へ報告され、必要に応じて指示・指導が行われています。

(2020年10月 更新)

財務報告に係る内部統制(J-SOX)

日軽金グループは、適正な財務報告を確保するため、日軽金HD社長を責任者として、J-SOXを整備・運用しています。それらの評価は、グループ主要会社の内部監査部門が担っており、日軽金HDが集約し、連結決算における内部統制の有効性を確認しています。また、監査役、会計監査人、内部監査部門が常に情報・意見交換の機会を持ちながら、環境変化などによって生じる新たな課題に、連携して対応しています。

2019年度は、開示すべき重要な不備はありませんでした。
(2020年10月 更新)

リスクマネジメント

日軽金グループのリスク管理システムは、オペレーショナルリスクを中心に重大リスクを特定し、それぞれのリスクを低減し、残存リスクに機動的に対応できるよう、日軽金HDにリスク分野ごとに統括部門を設置し、事業部門と連携してリスクに対処しています。
 取締役会は、リスク管理全般の状況について年2回報告を受けて、その内容を評価した上で必要な指示を行います。
 2019年度は、気候変動リスク・機会について、取締役会、グループ経営会議、CSR委員会などで採り上げ、重要課題の選定に向けた議論を進めています。(→参照:重要課題の選定に向けて
(2020年10月 更新)

 

重点対策リスク

重点対策リスク

●重点対策リスクへの主な対応

対象リスク対応・実績評価
製品・サービスの欠陥 全拠点の品質監査(毎年)
顧客要求仕様の総点検
環境事故、環境負荷 全拠点の環境監査(3年ごと)
環境事故再発防止対策支援
自然災害・事故災害 管理部門BCPの策定
非常用訓練(安否確認、衛星携帯通信、救命、災対本部立上)
労働災害 休業災害の現地確認
重篤災害の再発防止
情報セキュリティ クラウドサービスのセキュリティ強化
標的型メール訓練
企業秘密流出 機密情報監視体制の確立
安全保障輸出 該否判定に係る問題なし
適時情報開示の懈怠 懈怠事例なし

CSRの取り組み